週払い日払いって派遣でもあるの?

派遣社員として働いている人はいろいろな働き方があると思います。正社員と同じくらいにしっかりと働く人もいれば今すぐお金が必要だから急いで稼ぎたいというふうに考えている人もいると思います。そんなときは日払いや週払いなどの派遣ならではの支払い方法を利用するとおもいます。ですが、いったいそれらにはどのような違いがあるのでしょうか。

月払い、週払い、日払いのそれぞれの違いは給料計算の締日の違いです。
日払いと聞いてイメージする実働日の当日に給与が支払われるのは実は即日払いという形式のことなのです。即日払いは日払いの一種で、その日に給与が支払われるものです。一方、日払いというのは単に給与計算が1日単位に締日があるということを単に意味しているだけであって、その日にすぐに支払われるということを必ずしも意味はしません。翌日には支払われることがほとんどですが、1週間以上間が空いてしまうこともしばしばあるようです。急いでお金が必要という場合には注意が必要です。
週払いというのは給与の締めが毎週一回行われるという形式のことです。日払いと同様、支払いが実際に行われるのは派遣会社や仕事によって異なるので事前に確認しておくことが大切です。
支払い方にも違いがあり、現場での直接手渡し、事務所に赴き給料を受け取る、銀行振り込みの3種類があります。即日払いの場合に主に用いられるのが直接手渡しの方法です。

仕事によって給与の支払いが早い傾向にある職種もあります。例えば家ベントスタッフや工場や工事現場、建築現場での作業は日払い、週払いであることが多いようです。これらの仕事は拘束時間が長いことが多くまとまったお金をすぐにもらえるという特徴があります。急いでお金を用意する必要がある人にはピッタリの仕事です。
他にも引っ越し作業や警備員などの仕事も日払いや週払いであることが多くさらに収入も多く見込めるので人気が高いようです。また、ティッシュ配りやチラシのポスティング業務、飲食店のヘルプスタッフなどの単発で募集される仕事に日払い、週払いがなされることが多いようです。

急にお金を用意する必要が生じてしまった時は派遣のしごとをうまく利用することで日払いや週払いですぐにお金を手にすることが出来ます。目的に合わせて派遣の仕事をうまく利用していきましょう。