一般派遣と特定派遣の2パターン

派遣には大きく分けて2つのパターンがあることを知っているでしょうか?それは、一般派遣と特定派遣です。一般派遣と特定派遣は仕組みの違いがわかりにくいと言われています。ここでは、その違いをはっきりさせながらそれぞれまとめていきます。

まず、派遣には

登録型派遣

常用型派遣

があります。登録型派遣とは、

派遣会社が持つ自社サイトに登録し、希望する仕事に自ら応募する形式

のことです。常用型派遣とは、

社員として派遣会社に雇用され、別の仕事場所に派遣される

ことです。基本的に派遣と言われて思い浮かぶのは登録型派遣の方が多いと思います。一般派遣は、

登録型派遣・常用型派遣のどちらも行う

ことで、特定派遣は

常用型派遣のみを行う

ことを指します。しかし、基本的に一般派遣は登録型派遣。特定派遣は常用型派遣と考えられています。

一般派遣と特定派遣の違いがわかるのが雇用形態の違いの部分です。一般派遣の場合、働く意志のあるものが派遣会社から仕事を紹介してもらい、希望する派遣先が見つかったところで雇用契約を結ぶのが基本的な流れです。派遣先との契約が満了した段階で次の派遣先が決まっていない場合には、派遣会社との契約も終了します。これによって有給が取れなくなってしまったなどのことが起こることがあります。対して特定派遣は、派遣会社が社員として雇用をし、派遣会社が案件ごとに社員を相手会社に派遣します。こちらは派遣先との契約が満了したとしても派遣会社との契約はなくなることはありません。

一般派遣と特定派遣、同じ派遣ではあるもののその中身は大きく変わってきます。それに伴って良さもそれぞれあります。一般派遣は、職種を自分で決めることができることです。特定派遣だとある程度職種が絞られてきてしまいますが、一般派遣ならば、普通なら経験できないような仕事をすることもできます。特定派遣は、福利厚生面が充実していることです。社会保険や安全面がしっかりしているのは大きいでしょう。ここでは、一般派遣と特定派遣は単純に比較することはできないことを理解していただければ幸いです。

そもそも特定派遣は、募集の数自体が少ないため中々働くことは難しいです。しかし、チャンスがある場合には正社員に繋がる場合も多いので探し出して応募してみるがいいでしょう。