派遣登録時に必ず行うスキルチェックって?内容を知り対策を練る

「派遣」という働き方をスタートするには、まず派遣会社の開いている派遣登録会であなたの情報を登録する必要があります。この派遣登録会で絶対に行われるであろうものが「スキルチェック」です。これは派遣会社があなたの能力・実力を推し量るもので、このスキルチェックの結果をもとに派遣会社の担当者はあなたに合った仕事を考えます。言うなれば派遣のスキルチェックはこれからの職種を決定する大きな岐路というわけです。スキルチェックの内容は多種多様ですが大まかに分けると、「Excelなどのソフトを使った入力チェック」「基礎漢字の読み書きチェック」「基礎計算力のチェック」の3つに分けることができます。それぞれの内容を知ることで予期せぬ失敗をなくしましょう。

Excelなどのソフトを使った入力チェック

パソコンを用いた入力の早さ・正確さをみるチェック。情報化とハイテク化が進む現代でパソコンを扱えなければできない仕事も増えてきています。タイピングテストですが、これはほとんどの派遣会社のスキルチェックで行われています。できるだけ早く正確に長文を入力するだけのテストです。しかし、いざとなると緊張してしまい、またはいつも使っているパソコンと感覚が違い、上手く入力できないというようなことがあるかもしれません。リラックスして臨むということを忘れないようにしましょう。またExcelを用いたテストでは印刷の仕方、構成比の求め方、SUM関数、AVERAGE関数などを用いる問題があるようです。意識しておきましょう。

基礎漢字の読み書きチェック

最近は漢字の読み書きが思った以上にできない人が多いとよく耳にします。スマホやパソコンの普及から、ペンを手に取って紙に何か文字を書く機会自体が少なくなっているのかもしれません。だからこそスキルチェックでも漢字の読み書きができるかどうかがチェックされます。あくまでも出題されるのは基礎的な漢字ですからあまり気負わなくても大丈夫でしょう。字は綺麗でなくてもよいので出来るだけ丁寧に書くように心がけましょう。

基礎計算力のチェック

上記の「基礎漢字の読み書きチェック」と同じように、「基礎計算力のチェック」は基礎的な計算能力をはかるものです。3桁の筆算を用いる計算などですから決して難しいものではありません。集中して、リラックスした状態で臨みましょう。

まとめ

派遣登録会のスキルチェックはどれも難しすぎて頭を悩ませるようなものではありません。一般常識的な問題がほとんどです。上記で紹介しているもの以外にも志望する職種でスキルチェックの内容も変わります。自分に求められるだろう能力を予想して、スキルチェックの対策を計りましょう。