履歴書は最大のアピール方法!好印象を与える履歴書の書き方教えます

派遣に限った話ではありませんが履歴書の書き方は分かっていても、履歴書の「上手な」書き方は知らない人が多いのではないでしょうか。履歴書は派遣登録会や派遣先企業との顔合わせで担当者への最適なアピール方法であるという側面も持っているのです。ノーマルな履歴書なら誰でも書くことができます。しかし、履歴書を最大限まで活用できている人は少ない。例えば「相手の求める職歴欄の書き方」や、「志望動機欄で書くべきこと」など。これらを踏まえた上での履歴書作成は難しいということです。「別にそこまで重要視されていないだろう」となめてかかると、痛い目を見ることになってしまいます。履歴書作成のポイントをおさえて、相手に好印象を与える履歴書を書きあげましょう。

学歴・職歴欄

履歴書の学歴・職歴欄の注意としては、原則アルバイト歴は書きません。文字通り「職歴」欄ですから正社員として働いたものだけ書きます。正社員経験がなければ、職歴欄に「なし」と書いても何ら問題はありません。無理に欄を埋めようとするのは逆効果です。また、アルバイト経験などは派遣会社の担当者との面談などでアピールしましょう。それも必要に応じて、です。

資格や免許は履歴書の最重要項目

派遣会社の担当者や派遣先企業の方があなたのスキルや能力を判断する材料として使うのが履歴書の資格・免許の記載です。直接働く内容に関係しないようなものでも思いがけず目に止まることがあります。前向きかつ正確に自分はこういうことができるということをアピールしましょう。また資格取得に向けて勉強中のことがあれば、それも書くようにしましょう。

志望動機欄を書くのに文才は必要なし

ある意味、最も多くの人が履歴書を書く上で頭を悩ませるのが「志望動機欄」です。一体何を書けばいいのか、どのように書けばいいのか、そもそも書くことがない、など色々な理由で手を止めてしまう人が多いことでしょう。しかし、心配はありません。志望動機欄で書くべきことは決まっていると言っても過言ではないからです。派遣会社の担当者や派遣先企業の方は志望動機欄からあなたの何を知ろうとしているのでしょうか?これを考えれば答えは簡単です。「仕事に対するやる気」を見ているのです。志望動機欄に書くべき志望動機は仕事に対する熱が伝われば何でもよいと言えます。極端に言えば働く理由が「お金」でもおかしいことではないのです。働く誠意の伝わる志望動機欄を目指しましょう。文章は無理に長くしようとせず伝えたい事を簡潔に書きましょう。奇をてらうのはNGです。