派遣のお仕事の時給が高い理由

派遣社員として仕事をしていると同じ職場でアルバイトやパートとして働いている人よりも時給が高いことが多いです。派遣社員とアルバイトやパートの仕事内容を比較してみるとほとんど差がないように見えるのになぜ時給に差が出るのでしょうか。あとから派遣社員として入った人の方が時給が高いとアルバイトやパートさんの立場で考えると納得のいかない気持ちもあると思います。企業はより多くのお金を払って派遣社員を雇うことにメリットはあるのでしょうか?

派遣社員を雇う一番のメリットは労働者との間に派遣会社を介しているため、直接の雇用関係がないということです。アルバイトやパートでも、派遣社員でも解雇を簡単にすることはできません。正社員ではないアルバイトでも直接の雇用関係があるため簡単に解雇されることはないのです。しかし、派遣社員の場合は契約によってある程度の期間が定められており、その期間が来ると契約を更新するかしないかの選択をすることが出来ます。もしこのときに企業が契約を切りたいと考えたら契約は更新されず、すぐに契約が終わってしまいます。このおように直接雇用の関係にない派遣社員はアルバイトやパートとして働く人よりも雇用の調整が簡単になされてしまうのです。言い方を変えれば長期的に安定して働くことが難しいのです。そのような派遣社員のリスク、そして企業側にとっては調整のしやすさという面でメリットがあるため、時給に差が生じているのです。
また、直接雇用の関係がないことで勤務先にもメリットが生じるのです。例えば、求人などを掲載するときにかかる宣伝広告費です。これらはアルバイトやパートを募集するときには必要不可欠なコストです。そして、給与計算などの事務処理にかかる経費です。直接雇用していればその勤務先が労働者の給与を計算、社会保険料などの負担が発生します。ですが派遣社員を登用するとそれらの事務処理にかかるコストを削減することが出来るのです。
これらの要因が絡んでいることで雇用形態の違いによって時給にも差が生じてしまうのです。

派遣会社、企業のコストを考慮すると時給の差が生まれてしまうのにも合理的な理由があるようでした。労働者側からすれば時給の差というのはとても大きな問題です。安定して長期的に働くことのできるアルバイトやパート。途中で契約を切られてしまうという恐れはあるが時給が高い派遣社員。慎重に働き方を選ぶ必要がありそうです。