看護助手の派遣お仕事!医療行為はするの?

資格はないけど医療系のお仕事をしたい人には看護助手がおすすめです。ですが、苦労も多いのがこの職種です。

看護助手のお仕事は主に患者さんのお世話です。
食事の補助では、ご飯を零さないように見てあげたり、自分で食べることができない人にはスプーンでゆっくりと食べさせてあげたりします。
また、入浴の補助では患者さんが転ばないようにしっかりとささえてあげたりします。
そして、寝たきりの人の排泄を補助したり、一人で歩けない人にトイレまでついていってあげたりします。
基本的には医療行為はしません。
患者さんに一番接する機会の多い業務となるでしょう。

看護助手の仕事は看護師の業務をサポートする役割があります。
そのため、患者さんのお世話だけではなく、院内の備品の管理や簡単な事務の補助も頼まれることもあるでしょう。
手術をするための準備、器具の洗浄をすることもあります。
看護師は主に資格内でできる医療行為を行いますので、大変多忙です。看護師だけに院内のあらゆる業務を任せるのは負担がかかります。
そこで、看護助手が入ることによって院内全体で、1人にかかる業務の量を抑えることができます。

患者さんにも、また看護師からもなくてはならない存在なのです。

仕事内容には患者さんのお世話、つまり介助が主な業務になります。そのためヘルパーの資格をとる方も多いようです。
はじめは無資格で看護助手の仕事をはじめて、働きながらヘルパーの資格をとることで有資格者にもなりえます。
資格をとることで時給があがることもあり、また、次の派遣先でも大いに役立つでしょう。

医療行為はしませんが、人の命をあずかる大変な仕事です。
そのため、人のお世話をすることが好き、人の話を聞くことが好き、または人の役に立つことに魅力を感じる人に向いているといえます。
もし、人の役に立つことに魅力を感じることができなければ、すぐに辞めたいと思ってしまう、そんな過酷な現場でもあります。

一応は医療現場ですので、あまり甘く考えるとあとで後悔しますが、向いている人ならば、とてもやりがいのある仕事です。