選挙出口調査で派遣のおしごと

選挙の時などに行われる出口調査とは投票所の出口で投票した人に直接どう投票したのかを聞いて調査することです。これは選挙結果を予測したり得票数を推定するために行われる調査で、テレビ局や新聞社などのマスコミ各社によって行われます。
選挙は長期間行われるものではないのでこの仕事の求人は選挙の開催に際して派遣会社を通して仕事の募集があることが多いです。その仕事内容は出口調査そのものをするというもので投票を済ませて会場から出てきた人にどのように投票したかの直接アンケート調査です。仕事自体は投票の様子を聞き取るだけのものなので難しくはありません。選挙当日の前に事前に必ず研修が行われるので不安に思っている方も始めやすい仕事かもしれません。

出口調査の仕事は選挙当日だけ行われるものなので一日だけの超短期の仕事です。ですから、たくさん勤務して稼ぎたいという人よりも一日に集中してお金を稼ぎたいと考えている人にピッタリな仕事だといえます。当日の拘束時間は早朝から夜までとかなり長く、立ちっぱなしで仕事をするので疲労の溜まる仕事です。休憩があるとはいえ立ちっぱなしが慣れない人にはつらい仕事だと思うので立ち仕事に慣れている人の方が向いているでしょう。時給1000円以上、日給にして12000円以上になるのが相場なので短期集中の仕事という意味ではおススメです。また、選挙は休日に行われるので休日出勤が大丈夫だという人にもピッタリです。

選挙というのは日程が決まらないもので、その仕事がいつ募集されるのかというのも予想しづらいです。基本的にはマスコミが大体の日程を予測して派遣会社に依頼、そして募集という流れなのであらかじめ派遣会社に登録しておくとスムーズに仕事紹介の情報を得ることが出来るのでよいかもしれません。出口調査の仕事は募集人数も多いですが短期であるということもありかなり人気があります。すぐに募集定員に達してしまい締め切りになってしまうということも多々あるので選挙の情報にはアンテナを張っておくことが必要です。

出口調査の仕事は短期で特殊であり、お金も稼ぎやすいのでとても人気が高いです。継続的に安定して収入を得たいという人にはあまり向きませんが、空いている休日を利用して効率的にお金を稼ぎたいという人にはピッタリな仕事です。この仕事を狙っている人はあらかじめ派遣会社に登録しておいたり選挙の開催が決まったらすぐに募集を探せるように意識して絶えずチェックしておきましょう。