派遣でも直接雇用でも働くメリットはあるが、その違いとは?

そもそも、派遣と直接雇用のメリットの違いにはどのようなものがあるののか気になるところではあります。派遣スタッフのメリットですが、実際に派遣スタッフとして働いている人がなぜ派遣を選択したのかという理由を見ていくとある程度見えてくるはずです。例えば、正社員として働く場合は当然勤務地は会社の所在地になりますし、転勤で勤務場所が変わることも少なくありません。また、勤務期間は無期ではあるものの、勤務時間は残業などで長くなる傾向が見られます。実際に正社員という雇用形態を経験した人から見ても、派遣スタッフが私生活とお仕事のバランスが取りやすいという点は大きな魅力といえるでしょう。

派遣にあって直接雇用にはないもの

まず、直接雇用のメリットにはどのようなものがあるでしょうか。直接雇用と一口でいっても、正社員、契約社員、パート、アルバイトといった様々な雇用形態が含まれます。
これら直接雇用の社員は、雇用主である会社と直接契約をしてその会社の一員となるので、より強くその会社に所属しているという感覚を持つことはできるかもしれません。また、無期雇用契約や長めの雇用契約を結ぶことができれば、雇用の不安についても払拭できるというメリットはあると思います。逆に、派遣スタッフとして入った場合には派遣会社の営業担当という相談相手がいて、親身になって相談に乗ってくれる味方がいるということは派遣ならではのメリットといえます。そして、派遣会社が派遣スタッフの人をサポートするのは入社前後に限りません。派遣先企業との契約が終了した後についても、次のお仕事探しを担当がフォローしてくれるのです。直接雇用であれば自ら次のお仕事を探す必要がありますが、派遣スタッフは派遣会社から本人にあったお仕事が紹介されるので、求職活動の大変さを軽減することができます。

やりがいを生み出すキャリアアップ研修

パートやアルバイトなどの直接雇用と派遣の違いに、派遣会社が実施する講習などによる研修があります。契約社員などは雇用先の企業で研修が行われているケースもありますが、パートやアルバイトなどを対象にした本格的な研修はあまり実施されていません。特に、働いている人のキャリアアップを支援する仕組みはなかなか整わないのが現状です。そういったことから、将来を見据えた支援を受けることで仕事へのモチベーションも上げていくという好循環が派遣会社であれば期待できるといえるでしょう。

自分に合った仕事を見つけることが一番重要

ここまで派遣と直接雇用のメリットの違いについて見てきましたが、実際メリットはどちらにもあります。どちらにしろ、雇用形態にこだわるよりも自分に合った仕事や職場を見つけることが大事であり、まだ仕事を決めきれないという人は興味のある仕事には積極的に応募してみるといいと思います。