意外と知らない?派遣社員と契約社員の違い、そしてそれぞれのメリットとは

仕事を探している中で、よく「派遣社員」「契約社員」という言葉をよく聞くと思います。しかし、どちらもいまいち立場が分からないという人も多いのではないでしょうか? たしかに、似ている部分も多いです。しかし、両者の強みは、別のところにあります。今回は、派遣社員と契約社員について、説明していきたいと思います。

派遣社員と契約社員の違い

派遣社員と契約社員のもっとも分かりやすい違いは、雇用形態です。派遣社員は、人材派遣会社と契約を結び、企業に派遣されます。そして、契約期間満了時は、労働者と派遣会社により、更新か終了か決定されます。それに対して、契約社員は、前もって、仕事内容や給与面を定め、直接企業と有期労働契約を結びます。そのため、契約満了時には、労働者と企業の合意が必要になります。つまり、労働者と企業どちらかが、契約終了を希望した場合、契約満了となるので、企業からしても雇用解除しやすく、労働者からしても辞めやすいのが特徴です。

両者のメリットを考えよう

それでは、派遣社員と契約社員、それぞれの強みを考えましょう。まず、派遣社員の強みと言えば、派遣会社の人が担当に付いてくれることです。彼らが、派遣先の企業と交渉をしてくれて、自分に合った仕事を紹介してくれます。それに対して、契約社員の場合は、自分で、条件に合う企業を探し、自分で直接交渉しなければいけません。そのため、派遣社員よりも、仕事を探すのにコストがかかり、契約満了の際など苦労します。反対に、契約社員のメリットとしては、企業と直接契約を結んでいるため、福利厚生が充実していることなどが挙げられます。単純なお給料では、派遣社員に劣りがちですが、契約社員の場合、正社員と同様、交通費が支給されたり、健康保険、厚生年金、雇用保険が確保、さらに有給休暇も付与されます。また、契約社員になると、多くの場合、派遣社員よりも幅広く業務を担当できるようになるので、様々な仕事を経験してみたい人には、向いているのではと思います。

長所を理解して自分に適した方を選択しよう

このように、派遣社員と契約社員は、似たような立場ではありますが、それぞれ異なった魅力を持っています。両者の違いをしっかりと理解し、今の自分に適していると思う選択をできると良いですね。