アルバイトと派遣の違い

仕事をするうえで正規雇用ではない働き方にはアルバイトと派遣の2つの働き方があります。どちらも働く側からすれば大きな違いはないのできちんと理解していない人が多いのではないでしょうか。ですが、アルバイトと派遣とでは契約形態が大きく違います。そのほかにも働き手にとっては重要な収入の差なども少なからずあります。労働者の立場から知っておいた方が良い両者の違いをきちんと理解しておくことは、働き方を選ぶときに自分にベストな選択をすることが出来るようにもなる重要なことです。

アルバイトと派遣で一番大きく異なるのが雇用体系の違いです。
アルバイトの場合は働きたい店舗に直接赴き面接などの手順を踏んで、直接その店舗に雇われて給与をもらうことになります。一方派遣の場合は直接店舗に働きたいということで契約をするのではなく、派遣会社に登録をすることで働きたいお店を紹介されるのです。給与もアルバイトの場合とは異なり派遣会社から支払われることになります。

アルバイトと派遣では働ける期間も異なります。
アルバイトとして働く場合には基本的には正当な理由がないときは解雇されるようなことはなく、希望すれば半永久的に働くこともできます。しかし、派遣というのはその契約が数か月ごとに更新されます。きちんと契約が更新されれば問題なく働き続けることが出来ます。しかし勤務先から契約の継続を断られてしまった場合には仕事がなくなってしまうのです。派遣会社に対する登録に関してはその後も残るので新たな働き先を紹介してもらうことはできますが、同じ勤務先に長く働くということは派遣では難しいのです。

働き手にとっては無視できないのが給与や福利厚生に関する違いです。
基本的にはアルバイトでは一定期間以上の勤務があれば社会保険に加入できます。ところが派遣だと、社会保険だけでなく、労災保険や雇用保険にも加入することが出来ます。そして、給与に関してもアルバイトよりも派遣の方が高いものが多いようです。派遣の方が給与が高いのはアルバイトを直接募集するよりも勤務希望者を派遣してもらう方がコストが少ないからです。その分のお金が派遣の給与に上乗せされているということです。

アルバイトと派遣との間には仕事を選ぶうえで重要になる事柄に関する違いが多くあります。特に勤務期間の違いや給与・福利厚生の違いは重要なポイントです。きちんとした知識を持ち、自らの働き方に合わせてベストな選択をできるようにしましょう。