派遣は20代や30代だけではない!40代でも現役の派遣スタッフは存在する

40代になってもバリバリと働いている派遣スタッフが増えています。国が実施している「労働力調査」でも、派遣スタッフは増加していることがわかっているのです。このような状況で40代になってもバリバリ派遣スタッフとして働きたいと思うのであれば、20代、30代での働き方というのが大切になってくるのです。

20代や30代のうちにコアスキルを身につける

派遣スタッフとして働くことによって身につけられるものは「実務経験」だといえます。20代、30代で様々な実務経験を積んでいくなかで、能力を最大限発揮できる仕事があれば確実に得意分野になります。そして、得意分野にさらに磨きをかけると「コアスキル」に変わっていくのです。得意分野の仕事なら誰にも負けないというほど特化していけば、年齢が上がっても「コアスキル」が必要な仕事を得ることが可能となってくるのです。「コアスキル」を武器にして40代になっても働いていくというのが、第一線で働く40代派遣スタッフのよくあるスタイルで、こうした仕事のスタイルを修得するためには、20代、30代のうちから、40代になった自分が派遣スタッフとしてどんな仕事をしているのかを意識して働く必要があります。派遣スタッフは仕事の内容が固定されているケースが多いので、最初のうちはこなすだけで精一杯な仕事でも、日々の業務をこなしていくうちに徐々に業務を見つめなおす余裕が出てくるはずです。担当する業務に慣れてきたら仕事のスピードを上げたり、もっと効率的にできるところはないかチェックしたりと、同じ内容の仕事でもブラッシュアップを図ることでスキルがもっと磨かれてくるのです。

コアスキルを裏づける資格取得

資格取得は、スキルがあることを証明する有効な手段の一つですが、どんな資格でも実務が伴っていないとなかなか武器にはなりえません。そこで、「コアスキル」を持ってそれに関する資格を取得していくことで、「コアスキル」がさらに大きな武器となります。そして、資格があれば「コアスキル」を元にさらに派遣の仕事の幅が広がる可能性もあるのです。また、資格を持てばより深い知識を持っている自分を感じることができ、プロフェッショナルとしての自信が備わるはずで、プロとしての自信がより難しい仕事に挑戦しようとする意欲がわいてくるのです。20代、30代のうちから「コアスキル」を意識して派遣の仕事をし、その上で得意分野を見つけて実務経験を身につけながら資格も取得してみてはいいかと思います。今の時代は何歳になってもきちんとした専門知識と経験があればしっかり仕事が見つかる時代です。「コアスキル」に関する資格を取得することで、さらに仕事の幅は広がっていくことになるのです。