医療事務に向いている人は?

医療事務といっても事務職の内勤をやるというよりは、受付業も兼任しているケースがほとんどで、愛想などもふりまきながら、患者さんを迎えます。しかしながら、きっちりとした医療の知識がないと業務支障がでてきてしまいます。
仕事内容としては、病院や診療所で受付や会計の業務をします。患者対応や金銭授受などをしたり、カルテ管理・入力業務、レセプト業務、クラーク業務などを行うのが医療事務の仕事です。
カルテやレセプトといっても未経験者だと何をするのかわからないと思います。
カルテ業務といわれるものは、文字通り患者の個人情報が入っているカルテの仕分け、回収、搬送などを行います。看護師や医師の呼び出しに応じて、カルテを運ぶので、メッセンジャー的な役割を担います。病院内のカルテ室で働く事になり、カルテ管理システムの登録作業までも行います。
レセプト業務は、医療費の患者負担分を差し引いた額を保険者に請求するための書類、いわゆる診療報酬明細書を作成することです。
このように、専門的な医療用語が飛び交う世界なので、ある程度の予備知識なしでは、はじめのうちはつらいかもしれません。

医療知識は必要不可欠なので、経験がないのであれば、資格取得のため、各種スクールなどに通学することも必要です。診療報酬請求事務能力認定試験や診療情報管理技能認定試験、医療秘書技能検定、医事コンピュータ技能検定、診療情報管理士などの資格があれば転職に有利です。
また、受付や秘書の業務も兼任することがあります。小さな病院などではさらにその傾向が高くなります。医療秘書と普通の秘書との違いは、医療の知識が欠かせない、ということです。
もちろん一般的な秘書業務能力、スキルは必須です。
また、受付は患者が病院で最初に会う相手なので、対応次第で病院に対する印象が大きく変わる病院の顔です。

病院の規模によって、やる業務もかわります。大学病院でやるのか、町の診療所でやるのか、自分がなにをやりたいかを考えて希望を出しましょう。やはり専門知識は必須なので、専門性が高く、初心者がいきなりこなせる仕事というのはほとんどありません。一から人を育てる余裕などない病院が多く、すぐに実務をこなせる人が何よりも求められます。逆に経験者は優遇されるので、結婚や出産などのブランクがあっても経験を活かして再就職でき、女性に人気の職種です。